白身魚のフライ と 鶏肉入りけんちん煮。

お弁当

魚は魚でもパン粉多めのフライは脂質量アップ。

さて、この日のメインは白身魚のフライです。
フライ系は食べやすさからお魚であってもお弁当にも使うのが私です。
※本当は油の酸化とか考えると揚げたてを頂くのがベストなんでしょうけどね。

しかし、食べやすさと引き換え(?)に
パン粉たっぷりで油をしっかり吸うので、
脂質アップとなるのが悩みどころなのです。

この日も安定のヨシケイさんフル活用です。

スポンサーリンク

白身魚のフライ と 鶏肉入りけんちん煮。

ヨシケイさんオリジナルのおかずだけのカロリーは496kcal、たんぱく質28.7g、脂質26.1g、炭水化物34.2g
カロリーはじめ、すべての栄養素が私の1食としてはオーバー。
これは若干の調整が必要なメニューです。

カロリーが400kcal代なので、
大幅な調整ではなくて済むのが救いです。

というわけでこの日は
朝ごはんを調整しました(画像なし)

普段は↓の感じで、
たんぱく質をだいたい、20gくらい摂りつつ、
脂質もたぶん、15g前後は摂っています。
・大麦玄米入りごはん130g
・ゆでたまご
・大豆45g
・もりもり野菜サラダ(キャベツ千切り、にんじん胡麻和え、パプリカときゅうり)

この日は脂質が多いので、
ゆでたまごと大豆を鶏むね80g程度に変更しました。
たんぱく質は増えてしまいますが、脂質が圧倒的に減るので、
だいたい、カロリーも80kcalくらい減ります。

お弁当バージョン

というわけでお弁当自体は調整せずにそのまま。
揚げ物の泣き所はボリュームもあまり感じないところ。

その代わり副菜も鶏肉入りのけんちん煮なので、
そのあたりをカバーしてくれました。

皿盛りバージョン

白身魚のフライ

たぶん、この日は雨だったので、
カメラの調整で皿が光りまくってます笑

白身魚なのでフライとはいえ、
それほど胃もたれすることなく頂くことができます。

鶏肉入りけんちん煮

味付けは必殺の『ねこぶだし』
鶏肉からもうまみが出るので、
非常に美味しく頂きました。

ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました