朝マックの裏技を使いつつ、エッグマックマフィンをテイクアウト。

外食

朝マックはテイクアウトでも最強。

そろそろ、緊急事態宣言も解除され、
新しく変わる日常もありつつ、戻ってくる日常もある今日この頃です。

さて、緊急事態宣言下では控えめとなりがちだった外食ですが、
テイクアウトがメインなところは、なんとか好調を保っているチェーン店もあるようです。

その代表格がマクドナルドでしょう。
我が家も朝マックはテイクアウトという形式で、変わらず食べておりました。

モスバーガーなどと比べるとマクドナルドのマフィンは
テイクアウトしてもマフィンがへたらないのが良いところだと思います。
もともと水気が少ないマフィンでなおかつ、
具材も良くも悪くもみずみずしさがないwので、
持ち帰りにより適しているのだと思います。
きっと普通のハンバーガーのバンズより向いていると思います。

そんな朝マックを裏技を含めて、改めてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

焼きたてのマフィンを頂ける裏技。

注文したのは
「エッグマックマフィンのコンビ」
が2つです。
ホットコーヒーSが含まれています。
カップが固定されていて、こぼれにくくなっているのも安心。

さて、裏技ですが・・・・・
包装の見た目が少し違いますね。
何も書かれていないシールが貼られています。

これはオプションでケチャップ増量とか、ソース増量とかを
行ったときにもどうやらついてくるシールなのですが、
今回は何も書かれていません。
これは・・・・・?

実はこれは
「マフィンのクッキングオイル抜き」
という裏技なのです。

マクドナルドは通常、朝マックのマフィンには
恐らくパリっと感を出すため、
焼き上がりにクッキングオイルを塗ってくれているのですが、
それを抜く、というものです。

私の思う利点は2つ。

1.気持ち、カロリー控えめ。

クッキングオイル抜きとなるので、気持ち、カロリー控えめとなると思います。たぶん。

2.焼きたてのマフィンを頂ける。

作り置きのマフィンはクッキングオイルが塗られていますので、
この注文をすると、必ずマフィンを焼くところから、となります。
結果として焼きたてのマフィンが頂けるのです。

どちらかというと、2.の利点を狙って頼んでいる面が強いです。

逆に気を付けないといけないところは・・・

1.ちょっと時間がかかります。

急ぐときや、店が混んでいるときは避けています。

2.この裏技を知らない店員さんもいます。

知っている店員さんは必ずいますので確認してくれます。
焦らず、優しく注文しましょう。

確かに開いてみると、照りがない気がします。

パリッと感も少な目な気はしますが、
焼きたてなのでその美味しさの方が勝る気がします!

優秀さの確認はこちらをどうぞ。

朝マックの栄養面などの優秀さはこちらの記事で
触れているのでよろしければご覧ください。

マクドナルドを活用したカロリーコントロール。
毎週、マクドナルド通ってます 今年になって、急に定着したモノ・・・・・ それは、マクドナルド。 大げさではなく、毎週通っています。 『ん?あれだけ食事管理、食事管理といっておきながら、 所詮はそんなもん?』 と思った方もいる...

コメント

タイトルとURLをコピーしました