ピーマンの肉詰め と ひじきの煮もの。

家ご飯

「つくねの素」を活用した簡単なピーマンの肉詰め。

メインはピーマンの肉詰めです。

肉詰めの元となるつくねはつなぎを使ったり、
さすがに朝に調理するには少し手間になりがちですが、
この日はヨシケイさんの「つくねの素」を利用して、
簡単なピーマンの肉詰めでした。

既に味付けされたつくねの素が既に
袋詰めされて冷凍されているので、
袋のまま、冷蔵庫で解凍し、
ピーマンを半分に切ったら、袋から絞り出して
ピーマンに詰めればOKでした。

スポンサーリンク

ピーマンの肉詰め と ひじきの煮もの。

ヨシケイさんオリジナルのおかずだけのカロリーは390kcal、たんぱく質15.4g、脂質23.6g、炭水化物29.5g
カロリーは少し高めで、たんぱく質は少なめ。
その分、脂質が高く、炭水化物はまあ、こんなもの。

このあたりは「つくねの素」のしわざでしょうね、たぶん。
自分でひき肉にしてつくねを作れば脂をもう少し避けることができるでしょうけど、
便利さと時短には代えられない面もあり・・・・・
バランスが難しいですね。
私はこの週、プチママを選択したということは
そういうものと割り切って、他の食事で調整します。

皿盛りバージョン

この日はお弁当ではなく、二人ともおうちごはんの日でした。

日当たりが悪い日でしたが、ピーマンの肉詰めは
まあまあうまくできたのでは、と思います。
写真映りは正直、悪いですけど。

ピーマンの肉詰め

見た目からもやはり脂が多いのがわかりますね~。
食べ応えも柔らかくて口当たりがよく、
脂多めの冷食といった感じでした笑
フォローしておきますが、美味しいんですよ笑

まあ、量が1人前でつくね90g程度しかないですし、
このくらいなら胃もたれなどはしませんでした。

ひじきの煮もの

副菜は豆はひじき、こんにゃくもあって、
優しい感じでほっとします~

わずかに入った生揚げも
練り物大好きな私には高得点。

ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました