鶏から丼 と 湯豆腐。

お弁当

プチママっぽい、レンチンを駆使した鶏から丼。

メインは鶏から丼です。

なお、ヨシケイさんの正式メニュー名は
「レンジでジューシー鶏から丼」
ということでレンチンを駆使して調理時間20分で作れる鶏から丼です。

天丼のたれを使っているのが味付けとしては肝でした。

この日も安定のヨシケイさんフル活用です。

スポンサーリンク

鶏から丼 と 湯豆腐。

ヨシケイさんオリジナルのおかずだけのカロリーは432kcal、たんぱく質25.3g、脂質23.9g、炭水化物30.7g
カロリーは高めでたんぱく質もしっかり。
脂質が20g超えとはっきり高く、炭水化物も少し高め。

まあ、唐揚げを食べる時点で脂質と炭水化物の底上げは
覚悟しましょう。
他の食事で大人しく調整して、唐揚げ自体は楽しんで食べるのが吉です。

お弁当バージョン

しかし、そんな私はさらにたまごをお弁当にON。
言い訳をしておくと、湯豆腐はお弁当に入らないので、
朝夕に分けて食べ、その分の相殺でゆでたまごを食べたのです。

はい、おかげさまで脂質はかなり高めになりましたが、
その分、間食のアーモンドをやめるとなんとか調整できました。

皿盛りバージョン

やはり丼ものは二品構成になるので見た目が少し物足りない。

鶏から丼

レンチンから揚げにねぎを乗せて、
天丼のたれをかけるという簡単仕様です。

ヨシケイさんオリジナルレシピでは
ここにさらにマヨネーズをかけるという暴挙に出ていましたが、
全力で阻止しました笑

なお、天丼のたれも味は強いですし、そもそも唐揚げ自体も
ジューシーなので全く物足りなさは感じませんでした。
ややお腹がもたれながらも美味しく頂きました。

湯豆腐

メインが思いっきりがっつり系なので、
副菜は癒し系です。

豆腐の量が多めの湯豆腐でした。
これがたぶん、和彩ごよみの湯豆腐なら、
もう少し野菜が多めだったかも。

その代わり、豆腐は熱々になるので
寒い季節にはいいかもしれません、豆腐多めの湯豆腐。

ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました