新型コロナ治療薬候補イベルメクチンの近況(2021年7月時点)。

その他

国内でようやく企業主導の治験が実現。結果をフラットに見たい。

イベルメクチンの近況です。

国内では7月に入り、興和株式会社が
イベルメクチンの治験を行うことを発表しました。
医師主導治験は結局従来の2021年3月終了予定が遅れたままですし、
きちんとスポンサーがついた状態で進展があることを期待したいです。

海外ではWHOやアメリカのFDAなど、
「あくまで治験に限定した利用を」
と釘を刺されており、公式には状況はあまり変わっていません。

インドをはじめとした新興国での利用が
感染拡大防止に効果があったのでは、との見方もありますが、
あくまでマクロな一要素であり、
この結果だけでは治療薬として承認とはいいがたいのでしょうね。

ワクチンや治療薬ビジネスとのかかわりはいくらでも
勘ぐれますが、しょせん素人の私では信頼するに足る情報が
足りないので何とも言えません。

スポンサーリンク

日本国内での動き。

興和株式会社の企業主導治験が発表(7/1)

冒頭にも書いた通り、企業主導の治験が始まります。

クリックしてpress210701.pdfにアクセス

会社のプレスリリースには記載はありませんが、
早ければ年内にも結果をまとめたいとの報道がされていますね。

イベルメクチンの臨床治験開始 コロナ治療での効果は:朝日新聞デジタル
 新型コロナウイルス感染症の軽症患者を対象に、抗寄生虫薬「イベルメクチン」の効果や安全性を調べる臨床試験(治験)を国内で始めると、医薬品を手がける興和(名古屋市)が1日、発表した。2015年にノーベル…

興和株式会社は昨年の布マスクを受注した会社のひとつで、
一部でうがった見方もされているようですが、
どちらかというと、企業側には収益のメリットは薄いように思われるので、
フラットに見守りたいですね。
※そもそもイベルメクチンは特許放棄されているので、
 ジェネリック作るのにも権利関係の障害がなく、
 製薬会社に純粋な利益を生むのは難しそうです。
 評判など別のメリットはあるかもですが。

あまりイデオロギーとか、政治をムダに絡ませないでほしいモノです。

こんな記事も出ていますが、
治験の結果を地道に待ちましょう。

本誌独占!ノーベル賞学者・大村智博士が激白45分「予防はワクチン 治療はイベルメクチン」〈サンデー毎日〉 | 週刊エコノミスト Online
 コロナ患者への治験開始へ  ノーベル賞学者・大村智博士が開発したイベルメクチンは、アフリカの数多の人々を病から救ってきた。その薬が、新型コロナ治療薬として劇的な効果を挙げたとの報告が、海外で相次ぐ。日本でも本格的に始まる治験。これまで沈黙を守ってきた大村氏が現在の心境を本誌に激白した。

海外での動き。

インドで感染拡大を防いだ要因?とも言われているが・・・・・

インドはデルタ株の影響か、3月末から5月にかけて、
感染が急拡大しました。

その後、デルタ株自体は全世界で感染を広げているものの、
インドでは一時期のピークを過ぎたように見えます。

India COVID: 33,952,275 Cases and 450,621 Deaths - Worldometer
India Coronavirus update with statistics and graphs: total and new cases, deaths per day, mortality and recovery rates, current active cases, recoveries, trends...

この感染者数減少の要因がイベルメクチン?との推測も出ているようです。

コロナ患者が急増したインドでイベルメクチンをめぐり論争 - 馬場錬成|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
 インドは今年3月から新型コロナ感染症(COVID-19)が急増し、大混乱に陥った。多くの州が大村智博士が発見した抗寄生虫病薬イベルメクチンを治療・予防に使う政策をとった一方、使用を禁止する州も出た。

まあこればっかは状況証拠的な形でしか評価されないでしょうね。
これだけを取り上げて「治療薬として承認せよ」と声高に叫ぶのは何か違う気がします。

今はとにかく、国内の治験が進展し、
願わくば効果が証明されて、治療薬となる日を期待して待ちます。

私は年齢も年齢なので、恐らくワクチンも摂取しますが、
ワクチンを接種しても重症化はある程度防げても感染は防げないのでは?
と思いますし、そもそもワクチンを打てない方や打たない方のためにも
治療薬は整備されるべきだと思います。
このあたり、今は効果と優先順位の問題でワクチンが最優先されているとは思いますが。

過去記事。

以前から情報をフォローしています。
過去記事はコチラ。

新型コロナ治療薬はイベルメクチンに期待。
願望と妄想。 まだまだ新型コロナとの、ある意味戦いは年単位で続きそうな気配です。 流行と一時的な収束を繰り返しながら、 ワクチンと治療薬の整備を待つ日々が続いていますね。 現状を嘆いていても意味がないこと、この上ないので、 本...
新型コロナの治療薬候補。イベルメクチンの治験開始。
ひっそりと9月に治験開始。2021年3月終了予定。 2020年8月頃に、個人的に期待している、 新型コロナの治療薬候補、イベルメクチンについて少し書きました。 私の思うメリットは ・副作用の小ささ ・安価(らしい) です。 ...
新型コロナ治療薬候補イベルメクチンの近況(2021年1月時点)。
海外、国内で動きはあるものの、まだ変わらず治験中。 日本は新型コロナの第三波真っ最中で、 緊急事態宣言が出される状況です。 世界的にもおもに冬の北半球での感染拡大が続いていますね。 そんな中、ワクチンの承認、接種が一部の国で...
新型コロナ治療薬候補イベルメクチンの近況(2021年3月時点)。
国内の医師主導治験は遅れて3月には終わらなさそう。海外は草の根的な活動が続く。 イベルメクチンの近況です。 正直、あまり状況は変わってませんね。 国内は北里大学で行われている医師主導治験は もともと3月終了予定が遅れる見込み...



その他
スポンサーリンク
冷えとりなるままに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました