新型コロナ治療薬候補イベルメクチンの近況(2021年1月時点)。

その他

海外、国内で動きはあるものの、まだ変わらず治験中。

日本は新型コロナの第三波真っ最中で、
緊急事態宣言が出される状況です。

世界的にもおもに冬の北半球での感染拡大が続いていますね。

そんな中、ワクチンの承認、接種が一部の国で始まっている一方、
あまり治療薬については情報が活発ではありませんね。

特異種に苦しんでいるイギリスで重症患者へのアクテムラへの
投与が報道されているくらいです。

私が個人的に注目している、イベルメクチンの近況について少し調べました。

スポンサーリンク

日本国内での動き。

北里大での医師主導治験は変わらず進行中。

2020年9月~2021年3月までで予定されている治験は
続いているようです。

2021年3月の治験終了後、イベルメクチンの権利をもっている、
米メルコ社へ結果を提供することまでは決まっているようです。

結果と展開には期待していますが、もう少し先ですね。

厚生労働省で治療薬候補として触れられる(2020年12月)

厚生労働省のサイトで
2020年12月に「治療薬の候補となる薬剤について」
が更新され、イベルメクチン(ストロメクトール)の
治験が行われていることが触れられています。

治療薬、ワクチン、医療機器、検査キットの開発について
治療薬、ワクチン、医療機器、検査キットの開発について

クリックして000709907.pdfにアクセス

政府への報告。

西村経済再生担当大臣へ2020/12/15に
北里大から報告がありました。
世界的状況と現在の取り組み状況について報告されています。

「● 西村大臣訪問(2020年12月15日)-イベルメクチンの報告-」
に5つほど資料があります。
これまでのまとめっぽい感じです。

北里大学 大村智記念研究所 感染制御研究センター

ニュース系

ぼちぼちですが、メディアでも取り上げられています。

ただし、気を付けたいのはあくまで治験中ということであり、
効果があることを期待はしていますが、
陰謀論や治験も終わっていないのに、承認せよといった
行き過ぎた論調にならないことを祈るばかりです。

来年3月に臨床試験終了へ、抗寄生虫薬「イベルメクチン」はコロナに効くか|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、来年3月に臨床試験終了へ、抗寄生虫薬「イベルメクチン」はコロナに効くかのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。
日本発の新型コロナ治療薬として有力! ノーベル医学・生理学賞の大村智氏が開発に貢献「イベルメクチン」
 新型コロナウイルスの国内感染者は「勝負の3週間」後も増えている。死者や重症者を減らすことが急務だが、日本発の治療薬として有力視されているのがノーベル医学・生理…

海外での動き。

アメリカ上院での報告。

FLCCC(Front Line COVID-19 Critical Care Alliance)というチームも
アメリカ上院委員会でイベルメクチンの有用性を報告しています。

クリックしてivermectin_20201210.pdfにアクセス

ちょっとだけ日本でも話題になりましたが、
FDAには承認されていませんし、警告文書が出た(ソース見つけられず・・・・・)
との話もあるので、まだまだ、みたいですね。

ただし、まだあくまで治験段階。

期待はしながら待ちましょう。

一方で、一部で過熱しているらしく、
個人で購入される方もいるよう。
あくまで治験段階なので、期待はしながら待ちましょう。

抗寄生虫薬イベルメクチン、対コロナ効果は未証明 研究者ら警告
【1月16日 AFP】(更新)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬として抗寄生虫薬のイベルメクチンを使用することについて、科学者らが警告を発している。

過去記事。

以前から情報をフォローしています。
過去記事はコチラ。

新型コロナ治療薬はイベルメクチンに期待。
願望と妄想。 まだまだ新型コロナとの、ある意味戦いは年単位で続きそうな気配です。 流行と一時的な収束を繰り返しながら、 ワクチンと治療薬の整備を待つ日々が続いていますね。 現状を嘆いていても意味がないこと、この上ないので、 本...
新型コロナの治療薬候補。イベルメクチンの治験開始。
ひっそりと9月に治験開始。2021年3月終了予定。 2020年8月頃に、個人的に期待している、 新型コロナの治療薬候補、イベルメクチンについて少し書きました。 私の思うメリットは ・副作用の小ささ ・安価(らしい) です。 ...



その他
スポンサーリンク
冷えとりなるままに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました