チノパンを綺麗目に穿こう。シックな黒バンドカラーと合わせる。

冷えとりふぁっしょん

チノパンを綺麗目に穿くのが私の流行りです。

チノパンといえば、カジュアルに太めに穿きこなすことが多かった気がしますが、
綺麗目にシックに穿きこなすのが今の私の流行りです。
※実際にシックに穿きこなせてるかは知らんけど。

そこで前回のダブルのジャケットとの合わせに続いて、
今度はとてもシックな黒のバンドカラーシャツと合わせてみました。
なかなかのお気に入りです。

スポンサーリンク

トーマスメイソンの生地のバンドカラー。

私のコーデ。

Shirts:ANATOMICA BandCollar/アナトミカ バンドカラー
Pants:ANATOMICA Chino4/アナトミカ チノ
Shoes:Paraboots Barth/パラブーツ バース

アナトミカのバンドカラーシャツです。
今ではもうほとんど、レディースのシャツは見かけなくなってしまいました・・・・・
4-5年前まではレディースしかないアイテムがもっとたくさんあったのですが( ;∀;)

すっかり今ではレディースといえば、マリリンパンツばかりとなってしまいました。
私が夫のアイテムをやたらとシェアするのもレディースアイテム不足が一因かと思われます。

さて、このバンドカラーシャツは正真正銘の(?)レディースです。
しかも生地はトーマスメイソン(Tomas Mason)。
最近ではセレクトショップ企画のシャツでもよく使われていると思います。
生地のハリとかツヤが良くって、大事に洗えば末永く楽しめそうです。
また、アナトミカの特徴として縫製が本当に丁寧(その分、お高いのですが)。

そんなシック(・・・と私が思っている)バンドカラーシャツを
敢えてチノパンと合わせてみました。
ベルトも黒で引き締めます。

我ながらコーデ自体はなかなか良いのではないかと思います。
注:中身除く。きっともっとすらっとした方ならもっとカッコよいと思います。
  そう、かわいいというよりカッコいい系のコーデだと思います。

後は、そろそろパラブーツのバースも見慣れてきたので、
いつか(そういつか)、パラブーツのミカエルとかと合わせると
より引き締まるのではと妄想しています。

夫のコーデ。

Shirts:INDIVIDUALIZED SHIRTS/インディビジュアライズドシャツ
Pants:Resoulte710/リゾルト710
Shoes:Quoddy/クオディ

対して、夫は彼なりのどカジュアルで攻めてきました(何が?)

インディビのusedです。
インディビのシャツといえば、今では定価2万いくらする、
私たちにとってはお高いシャツなのですが、
このシャツは古着で、
しかも、ターコイズに黄色のストライプという
結構クセの強いシャツなので、約4,000円くらいで購入したモノなのです。
よく、「安物買いの銭失い」をする夫ではありますが、
このシャツについては珍しい成功例と言えるでしょう。

カジュアル目なので、デニムはリゾルトで靴は白ソールのデッキシューズです。

まだ、爽やかになったと言え、気温が高かったり、低かったりする、
今だから着れる合わせですね。どちらかというと春向きだとは思います。

いやー、ようやく、いろいろなコーデが楽しめる季節になってきましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました