楽天モバイルのRakuten Mini 1円キャンペーンに乗ってみる。私なりのメリット/デメリット。

その他

楽天モバイルでRakuten Miniが1円キャンペーン中。(2020/06/17まで)

この4月から楽天モバイルがMNOサービスを開始しています。
正直、通信エリアなどまだまだ充分ではないと思いますが、
この度、Rakuten Miniの1円キャンペーンに乗っかって、
Rakuten UN-LIMITを申し込みました。



決して万人におススメする端末やサービスではないですが、
向いている方にはメリットもたくさんあります。

なお、ついでに楽天スーパーセール中にRakuten UN-LIMITを
申し込むと、楽天スーパーセール中のお買い物がポイント2倍になるという、キャンペーンも追加されています。
(私は乗れませんでした・・・・・)

端末:Rakuten Mini

サービス:Rakuten UN-LIMIT
のメリット/デメリットを私なりにまとめましたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

結論。おススメする方のタイプ。

以下の3つに当てはまる方が特に向いていると思います。

1.メイン端末が別にある方(またはインターネットは軽くしか利用しない方)
2.通信費用をまとめたい方(特にWimax2などのモバイルルーターとまとめる方)
3.楽天経済圏の方(楽天のいろんなサービスをよく利用する方)

以下に解説していきます。

1.メイン端末が別にある方(またはインターネットは軽くしか利用しない方)

メイン端末が別にあって、サブ機として使うか、
外出時にインターネット、SNSを軽く使う方が向いていると思います。

はっきりいって、端末が小さいです。
小さめのスマートフォンの三回りくらい小さいです。
この端末でいわゆるスマホでできることを全部やるのはツライと思います。

・文字入力はツライ
・綺麗な画像を見るにも小さい
・電池持ちが悪い(ガンガン触っていると1日持たない)

私の場合は家ではPC使いますし、
外出時も軽くSNSとブラウザでの閲覧中心なので、
今のところ、大きくは困っていません。

仕様の詳細はこちらをどうぞ。

Rakuten Mini | スマートフォン | 楽天モバイル
Rakuten Mini(楽天モバイル)の製品紹介。楽天モバイル(Android)の購入はこちら。価格・スペック・特長ほか|ラクテン ミニ(Rakuten Mobile)

2.通信費用をまとめたい方(特にWimax2などのモバイルルーターとまとめる方)

Rakuten UN-LIMITというサービスを使うことになります。
特徴は以下の内容で月額2,980円ということです。
※しかも今なら、最初の1年間は月額料金無料

・データ通信無制限
・通話もアプリ(Rakuten Link)を使えば国内通話は無料

私はこれまで格安SIMとしての楽天モバイルMVNO(ドコモ)を使っていました。

・月額1,600円
・通信データ量3.1GB
・通話は従量課金(30秒で20円)

大きな不都合はなかったのですが、
どうしても電話を使うときは通話料がかさんだり(一般電話への電話やLINEが使えない両親と電話するときなど)、
通信データ量に少し不安はありました。

ただし、夫が外出先でタブレットを使うこともあり、
Wimax2(7GB)を追加で契約(月額3,000円くらい)していたので、
これまでは通信データ量で困ったことはありませんでしたが、
ちょうどこの6月がWimax2の更新時期なので、
「ちょうどよい!」とばかりに乗り換えることにしました。

Rakuten UN-LIMITのテザリングでWimax2を
まかなってしまおう!という作戦です。

Wimax2とまとめることで、
これまで月額
1,600円(楽天モバイルMVNO)+約3,000円(Wimax2)=約4,600円だったところが、
2,980円(Rakuten UN-LIMIT)にまとめられます。

このようなちょっと変わったケース以外でも、
おうちにwifiがない、などで困っている方は
データ量無制限のテザリングを活用することで
通信費が減らせる方はいるかもしれません。
(端末が家にある必要があるのでいろいろ条件はつくと思います)

3.楽天経済圏の方(楽天のいろんなサービスをよく利用する方)

楽天モバイルを利用すると、
楽天市場でのお買い物がずーーーっと
ポイント2倍になります。

私はかれこれ5年以上、ダイヤモンド会員であるくらい、
楽天経済圏にどっぷりつかっているので、
使った方がお得です。
※楽天MVNOも対象です(私はこれまでもポイント2倍)

私なりのメリット/デメリット

一部、重複しますが私なりのメリット/デメリットをまとめました。

メリット

小さくて軽い。

小さくて、軽いのはメリットにもなります。
79gなので、これまでのスマホの2分の1くらい。

例えば、サコッシュなどに入ってもストレスなし。
ポケットにもあまりスマホを入れたくないのですが、
気にせず入れられそうです。

これまでより容量が増えた!

16GB⇒32GBになりました。
これまでがどんだけ、容量が小さい端末を使っていたことか・・・・・
正直、32GBでは昨今、小さいと思うので、
一般の方にはデメリットかもしれませんが、
私にはメリットなのです笑
そもそも「なんでもできる端末ではない」ので
入れるアプリも限られそうですし。

そして、我が家は昔のCDがけっこうたくさんあります。
CDをPCに取り込んで音楽プレーヤーとして
スマホを活用しているので、地味に有難いです。

今のところ、通信が速い。

これまではドコモ回線の楽天モバイルMVNOでした。

お昼休みどきなどは回線が重くて(端末が古くて?)
インスタを見るにも一苦労。
今のところ、通信の遅さを感じることはなく、
快調に使えています。
※ただし、ずっと保障されているわけでもないのは理解しているつもりです・・・・・

デメリット

目が疲れる。

画面が小さいので文字ももちろん小さいです。
つかいはじめなので、各種設定で長時間使うこともありますが、
目が疲れます。

あとたぶん、もう何年かして老眼が進むと、
字が見えなくなりそうです。

それまでに端末は変えると思うので
大きな問題はないと思っています。

文字入力がちょっと。

画面が小さいので、入力間違いは
多少は起きます。

また、文字変換アプリが独自なので、
入れづらいです。
⇒慣れることをあっさりあきらめて、
Google日本語入力をインストールしました。

画面(UI)が慣れない。

独自UIを使っている端末です。
正直、慣れるには時間かかるかもです。

まだやっていませんが、ランチャーを入れるかもしれません。

注意点など。

申し込むときに。

通信エリア(最重要!!!)と不安定さ。

当たり前ですが、通信エリアは最重要です。
※一応、通信エリア外の場合はauの回線につながりますが、
その場合、月の通信データ量が5GBになります。(容量超え時は1Mbpsに制限あり)

これから通信エリアは広がってはいくと思いますが、
少なくとも、よく使う地域(居住地域、頻繁に出かける地域)は
通信エリア内であることを確認しておくべきと思います。

通信・エリア | 楽天モバイル
楽天モバイルの通信エリア(サービスエリア)を、地図や検索でご確認いただけます

ちなみに私は今のところ、通信エリア内なので、
ほぼ快調に使えています。
1回だけ、自宅で通信サービス外となりましたが、
すぐに復活しました。
ニュースでもサービスが止まったなどのニュースは見るので、
ある程度不安定なのは受け入れる必要があると思います。

あとはこれから利用者が増えてくると、
もしかすると通信が遅くなったりとかもするかもしれません。

端末の乗り換えにはSIMカード再発行が必要。

Rakuten MINIは「eSIMカード」という物理的なSIMカードなしの端末です。
楽天モバイルのサービスは使いたいけど、
端末を乗り換えたい、ということは可能ですが、
SIMカードの再発行が必要なようです。

手数料や手間がかかるので、そこは覚悟しておきましょう。

使い始めたあとに私がやったこと。

これで「完璧!快適!」というわけではないですが、
多少、快適になりました笑

ひたすらプリインストールアプリの更新。

まあ、どの端末でも同じですね。
Google関係、楽天関係のアプリを更新します。

文字入力アプリのインストール

Google日本語入力に入れ替えました。
これまで通りに戻って慣れた感じに。
ただし、辞書は再登録が要ります。

ローカル音楽再生プレーヤーのインストール

新規でインストールしました。
(これまでのHuaweiスマホはプリインストールのアプリがあった)

WMA音楽プレーヤー、というやつです。
とりあえず、再生できることまでは確認。
イヤホン経由では、まだ聞いてません。

Bluetoothイヤホンの購入。

イヤホンのモジュラージャックがありません。
私所有のBluetoothイヤホンは
だいぶん前にお亡くなりになっていたので、
ちょうど楽天スーパーセール中ということもあり、
イヤホンを購入することに。

そこそこのお値段とレビューを見て、決めました。
こだわればAnkerとかBOSEとかが良いんでしょうが、
こだわりませんでした。
ちなみにまだ届いていません笑

バッテリーセーバーON

バッテリーを長持ちさせるという設定があったので、
気休めにONにしておきました。

各種使うアプリインストール。

あとはお好みの世界です。

私は
・Instagram
・Twitter
・Evernote
・あすけん
・Google FIT(歩数計)
あたりを入れました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました