【ココイチ期間限定】スパイシーカレー THE チキベジ 食レポ。

スパイシーカレー THE チキベジ@ココイチ


CoCo壱番屋(ココイチ)で
『スパイスカレー THE チキベジ』
を9月末までの期間限定で販売中です。

味も好みで栄養素も外食にしてはかなり優秀!
でしたのでレポートします。

ココイチの公式サイトはこちら↓↓↓

スパイスカレー THE チキベジ | ココイチのメニュー | カレーハウスCoCo壱番屋

カレーハウスCoCo壱番屋のメニュー、スパイスカレー THE チキベジを紹介します。
にんにくとトマトの旨みが効いたスパイスカレー

スポンサーリンク

さて、まずは何を差し置いても味です。
これがクリアできないと、食べに行く意味がないですものね。

ご存知の方も見えると思いますが、
通常のココイチのカレーとは一線を画します。

脂っこさが控えめで夏野菜も豊富。
いつものココイチのカレーよりさらっと食べられます。
食欲が落ちがちな夏にピッタリと思います。
ただし、やや辛めなのでお子様は評価が分かれるかも。

ルー

トマトの酸味を感じる、さらっとした仕上がりです。
脂控えめが好きな方に特におススメ!
にんにくも少し感じるので苦手な方は要注意かな~。

ココイチのカレーはいわゆる欧風カレーよりは
とろみが少ないと思いますが、もっとさらっとした仕上がり。
インドカレー、北インドっぽいですが、
少し脂を抑え気味だと思います。

※一般的にはインドカレーはざっくり2つに分類されます。
よく見るインド料理店は北インドが多い気がします。
個人的には南インドが好み。

北インド:こってり濃厚、脂が多い
南インド:さらさら、脂控えめ

スパイス

7種類のスパイスが効いています。
パセリ・クミン・カルダモン・唐辛子・コショウ・花椒・オレガノ。
北インドっぽいスパイスが多いですね。
やはり欧風カレーやいつものココイチカレーより、
スパイスによる辛味が強いです。
ただし、辛いものが苦手な方でも
十分楽しめる辛さに調整されていると思います。
なお、甘口への調整はできませんのであしからず。

チキンと夏野菜です。
夏野菜はオクラ、アスパラガス、ナス、トマトがごろっと入っています。
夏野菜が好きな方はもちろん、
スパイスが効いているので、少し野菜が苦手な方でも
美味しく食べられると思います!
※ちなみにこれも期間限定の
『チキンと夏野菜カレー』
も具はほぼ同じなので、
「やっぱり、いつものココイチのルーが良い!」
という方はこちらの方が楽しめるかもです。

ごはん

普通盛りは250gと通常ココイチより50g少ないです。
これがなかなか絶妙ないい感じの量です。
通常ココイチだとごはんは100g単位での調整なので、
普通盛りの300gを中心に200gに減らすことが可能なのですが、
200gにするとカレーにしてはやや少ないと感じるんですよね。
そんな私にはちょうどよいです。

ちなみに大盛り350g、小盛り150gへの調整も可能です。
糖質をさらに控えたい方にはいいと思います。
(逆にごはんドカ盛りを求める方にはちょっと向いてないかも・・・)

優秀な外食とは?(我が家における定義)

我が家の食事管理は
『総摂取カロリーを守り、たんぱく質を体重1Kg当たり、1.5gから2g摂る』
というものです。
このルールを守るための外食の条件は以下の2つです。
1.カロリーが1日の総摂取量の30%~50%となること。
2.たんぱく質がそこそこ取れる。目安として100Kcal当たり5g。

※総摂取カロリーは基礎代謝と活動レベルから算出。
夫の例
総摂取カロリー:大体基礎代謝1500KCalで活動レベル普通で算出して、1日2,400Kcal。
たんぱく質  :体重60Kgなので90g~120g摂取。

厳密には他にもできるだけ守るルールがありますが、
まず最優先で守るのはこのルールです。

他のできるだけ守るルールの代表例は以下です。
・糖質や脂質とのバランス(たんぱく質をしっかり取って総摂取カロリーを守ると大体守れる)
・ビタミン、ミネラルを取る(特にビタミンB群)
・飽和脂肪酸と塩分は抑える

1.カロリーが1日の総摂取量の30%~50%となること。

まあ、1食分ですからね。
ベストは40%くらいです。
超える場合は1日のトータルで調整。
※昼食を外食にすることが多い。朝:昼:夜のバランスは4:4:2くらい。

2.たんぱく質がそこそこ取れる。目安:100Kcal当たり4~5g。

大体、総摂取カロリー:たんぱく質摂取量の割合が100KCal:5gとなることから。
※夫の例だと2,400KCal:120g
1日のトータルの割合なので、もし、おやつにお菓子などを
食べたい場合はその分たんぱく質の割合を3食で増やしておきます。
また、ごはんやパンなど、主食はたんぱく質が少ないことが多いので、
主菜で糖質や脂質が低く、たんぱく質が多いものを選ぶ必要が出てきます。

外食は主食も主菜も全部コミコミなので『そこそこ』で良いです。

栄養素

上記の我が家における定義に
『スパイスカレー THE チキベジ』
を当てはめてみます。

カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 塩分
チキベジ 690Kcal 21.1g 14.3g 116.1g 3.1g

1.カロリーが1日の総摂取量の30%~50%となること。

夫に当てはめると、720KCal~1,200KCalなのでOK!
むしろ、もうちょい行けます。
私には・・・ほぼちょうどよいかな!(詳しく書かないのはお察し)

2.たんぱく質がそこそこ取れる。目安:100Kcal当たり4~5g。

690Kcalなら、27.6g~34gくらい欲しいので
足りませんね。
ただし、ココイチの他のカレーに比べると
かなり優秀な方です。
外食だと大体足りません。
それだけ、外食は糖質と脂質が多いのです。

ちなみにポークカレー(トッピングなし:ごはん300g)はこんな感じ。

カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 塩分
ポークカレー 755Kcal 11.5g 20.0g 126.5g 3.2g

チキベジはココイチのポークカレーと比べても
脂質は30%カットされています。
トッピングなしで、ですからね。
揚げ物とかトッピングしたらさらにすごいことになりますよ!

ちょい足しするならこれ!

そこでちょい足しです。
トッピングという手もありますが、
たぶん、この記事を見るのは女性が多いと思うので(決めつけ)、
サラダのちょい足しでバランスを整えましょう。

おススメサラダ


はい、タマゴサラダです。

カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 塩分
タマゴサラダ 104Kcal 9.2g 5.9g 4.3g 0.7g

たんぱく質の割合が高いのでバランスを整えてくれます。
たまごは脂質もそこそこありますが、
その分栄養価も高いので、他のカレーより脂質が
控えめなチキベジには合うと思っています。

そして、チキベジ+タマゴサラダのバランスは以下。

カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 塩分
チキベジ+タマゴサラダ 794Kcal 30.3g 20.2g 120.4g 3.8g

ほんの僅か、カロリー100KCalに対してたんぱく質4gを下回りますが、
この程度なら他の食事で簡単に調整可能です。
外食としてはまさに『そこそこ』たんぱく質が取れるメニューだと思います!

あ、ここまで書いて気付いたのですが、
トッピングで
・半熟たまご
・ゆでたまご
を足すのもほぼ同じでバランスが取れます。

その他気を付けること

塩分は多めですね。
厚生省では1日当たり
男性:8g未満
女性:7g未満
が推奨なので他の食事で調整必要です。
※世界保健機関(WHO)では1日5g未満推奨と言われているので、
少なければ少ないほど、健康には良いです。
一般的には胃がんの発症率などに関わるといわれています。
正直味気ないのと、カロリー減らすのに塩分に頼りがちですけどね。

基本情報

販売期間

2019年6月1日~2019年9月末まで。
※9月28日以降なくなり次第終了とのこと。

価格

952円(税込)
ちょっとお高めではあります。

ご飯の量

普通盛り:250g
大盛り【350g:+107円(税込)】・小盛り【150g:-51円(税込)】

辛さの調整

甘口は選べません。

トッピング

トッピングもできます。

次回(?)

ごはんをカリフラワーに置き換えた、
低糖質カレーも2019年6月1日からリニューアルされています。
こちらも食べてきましたので低糖質カレーについても
近日、レポートしようと思います。

もしよかったら応援してくださ~い。
↓応援ポチ↓よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


二人暮らしランキング
スポンサーリンク
テキスト:物欲への入り口

お弁当のミカタ。
Oisix(おいしっくす)
ふるさと納税活用中。