梅雨模様で聴きたい、粋なモダンジャズ:Stccato Swing/Benny Golson

久々の(人気のない)音楽ネタ

早く梅雨入りした地域も、最近梅雨入りした地域も、
揃って梅雨模様ですが、そんな梅雨模様に聴きたい、
モダンジャズの1曲をご紹介したいと思います。
※当ブログ内で断トツの人気のなさを誇る(?)音楽ネタでございます。

スポンサーリンク

Stccato Swing(スタッカート・スウィング)/Benny Golson

テナーサックス奏者、ベニー・ゴルソンの1959年のアルバム、
「GONE With GOLSON」より。

ピアノのレイ・ブライアント作曲で
ブライアント自身のシンプルだけど、
小粋なピアノが聴きどころだと思います。
バッキングもソロも良いです。
なるほど、曲名通り、
「スタッカート」だけれども、しっかり「スウィング」しています。

最近、亡くなった、トロンボーンのカーティス・フラーと
ベニー・ゴルソンのユニゾン(いわゆるゴルソン・ハーモニー)も
二人とも音が柔らかいので、派手さはありませんが、
じわじわ来るソロになっています。

もしよかったら応援してくださ~い。
↓応援ポチ↓よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


日記・雑談(主婦)ランキング



音楽
スポンサーリンク
冷えとりなるままに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました