COOHEM(コーヘン)の軽めのニット。

冷えとりふぁっしょん

すっきり目の仕上げに。

ニットはニットでももこもこの日々とはおさらばして、
すっきり目で色味も寒色系が多くなってきました。

デニムも細目が穿きたくなる季節です。

スポンサーリンク

青黒の日。

私のコーデ。

Knit:COOHEM/コーヘン
Pants:A.P.C. petit new standard/アーペーセー プチニュースタンダード
Shoes:Juco./ジュコ

コーヘンは
「山形県の老舗ニットメーカー米富繊維株式会社のファクトリーブランド」
とのことで、どこか和のテイストがあるのが好きです。

ツィード気味のニットが特徴で、
この日のニットも年代物ですがヘタレません。
この辺、Made in Japanなのも嬉しいところ。

COOHEM
COOHEM(コーヘン)は「交編(こうへん)」に由来する造語で、山形県の老舗ニットメーカー米富繊維株式会社のファクトリーブランド。

デニムは春めいてきて、出番が増えてきたアーペーセー。
すっきり目に穿けるのでこの時期お気に入りです。

夫のコーデ。

Jacket:Jungle Fatigue ジャングルファティーグ
Vest:ANATOMICA Sagan/アナトミカ サガン
Shirts:ANATOMICA BandCollar/アナトミカ バンドカラー
Pants:ANATOMICA Trimfit/アナトミカ トリムフィット
Shoes:ANATOMICA WAKOUWA/アナトミカ ワクワ

ジャングルファティーグが着れる季節にもなってきました。
さすがに朝晩はまだ肌寒さも残りますが、
日中はコートなしでも十分でジャケット系の時代がやってきました。

靴も革靴からスニーカーが増えてくるかもです。
(ちなみに私の好みはこの日の感じなら革靴でしたが)

コメント

タイトルとURLをコピーしました