セントジェームスのボーダーニットで春の訪れを感じる。

冷えとりふぁっしょん

ボーダーの出番が来ると、春の訪れ感があります。

ボーダーを着ると、春が来た感がある気がします。
がしかし、暖かくなってきたとはいえ、バスクシャツではまだ寒いこの季節、
活躍しそうなのがボートネックのニットです。

古着で手に入れたのですが、
首元は開いていてニットなので、
このくらいの時期にぴったりです。

やや寒い分には、ストールやアウターでカバーできますから、
逆に気温が上がりきらない季節に重宝するのです。

スポンサーリンク

リーバイスのブーツカットも久々に。

私のコーデ。

Knit:SaintJames/セントジェームス
Pants:LEVI’S/リーバイス
Shoes:NewBalance M1400/ニューバランスM1400

全体的に軽めのコーデにしたくて、
リーバイスのデニムとニューバランスという、
全カジュアル振りのコーデとしました。

リーバイスのデニムは色落ち具合をみてもわかる通り、
20年モノくらいのデニムで、しかもブーツカットなので
時代背景から長らくお蔵入りしていたのですが、
ここ最近はフレアなパンツも目にするということで
恐る恐る穿いてみたのです。

同じようなアイテムでもトレンドや微妙なラインの変更で
長ーく着れるモノは少ないと思うのですが、
昔から形の変わらないブランドはこういうときに強い、と思います。

夫のコーデ。

Shirts:ANATOMICA OBOLENSKY/アナトミカ オボレンスキー
Pants:ANATOMICA Chino2/アナトミカ チノ
Shoes:山陽山長

夫は秋くらいに我が家で流行った、
「チノパンを綺麗目なシャツに合わせる」
作戦で、ロシアンシャツと革靴と合わせています。

チノパンを綺麗目に穿こう。シックな黒バンドカラーと合わせる。
チノパンを綺麗目に穿くのが私の流行りです。 チノパンといえば、カジュアルに太めに穿きこなすことが多かった気がしますが、 綺麗目にシックに穿きこなすのが今の私の流行りです。 ※実際にシックに穿きこなせてるかは知らんけど。 そこで前...

が、ぶっちゃけ、黒のストレートチップの革靴は
流石に合わなかったようです。
今後は見直しが必要ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました