手を入れやすいポケットの位置って。

冷えとりふぁっしょん

ハイウエストパンツのポケットは手を入れるのにちょうどよい位置な気が。

なんとなく、ポケットに手を入れて撮ってみた写真。

いや、別に歩くときにポケットに手を入れているわけではなくって、
写真を撮るときのバリエーションみたいなものです笑
寒いですけど、パンツのポケットに手を入れて歩くくらいなら、
ちゃんと手袋をします。
まあ、コートくらいであれば手を入れると丁度良いですけれども。

写真を撮るにあたってはハイウエストくらいのポケット位置が
手を入れるにはちょうど良い気がします。
低すぎると、無理やり入れてる感が出る気がするので笑

スポンサーリンク

ジャケット系はもう少しポケットが高い位置の方が入れやすい。

私のコーデ。

Knit:n100
Pants:ANATOMICA 618Marilyn/アナトミカ 618マリリン
Shoes:Juco./ジュコ

n100のボーダーカシミアニットにハイウエストパデニムのマリリン。
そして緑ドットのJucoさんという、
気慣れたコーデです。

この日は少し暖かかったので、軽めな感じで、
薄めのコートを羽織る感じで行きました。

夫のコーデ。

Jacket:ANATOMICA BBCardigan/アナトミカ ビービーカーディガン
Vest:ANATOMICA Sagan/アナトミカ サガン
Shirts:ANATOMICA Mockneck/アナトミカ モックネック
Pants:ANATOMICA 618Slimfit/アナトミカ 618スリムフィット
Shoes:Magnanni/マグナーニ

夫のジャケットはビーチクロス生地のカーディガン。
この日のコンセプト的にポケットに手を入れてもらいましたが、
やはりジャケットのポケット位置は少し中途半端で
やはり手を入れるにはちょっと難しいようです。
※そもそも手を入れるための機構ではない。

たまたまだとは思いますが、意外な副産物も得られました。
このカーディガンはやや膨張して見えがちなのですが、
ポケットに手を入れることで生地が引っ張られて、
すっきりと見える形に。
まあ、正直生地には悪そうなので、
もっとゆったりしたコートなどで使うテクニックかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました