チャーシューの作り方。

●チャーシューの作り方

<材料>

2人家族にしては多いですが、たくさん作って小分けにして冷凍保存します。
IMG_7880
・豚肩ロースブロック・・・700~800g
お好きな部位でいいと思います。
ワタクシはある程度の脂身があったほうが好みなのでロースを選ぶことが多いです。
ヘルシーなのがお好きな方はモモを、がっつり脂身を欲する方はバラを!!

・煮汁
水・・・1/2C
醤油・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ1
酒・・・大さじ1

・しょうがの千切り・・・適量(好きなだけ)←ワタクシ、しょうが好きなのでたんまり使います。

<作り方>

IMG_78811.肉にフォークなどで味をしみ込みやすくするため全体的にブッさします。

2.調理用の紐で肉の塊をしばっていきます。

IMG_7883
3.フライパンで、肉の表面をこんがりと焼いていきます。

IMG_7885
4.表面全体焼いたお肉を、煮汁を入れた鍋の中に入れていきグツグツ煮込んできます。

IMG_7886
5.蓋をして煮ていきます。
蓋をして60分煮ます。(途中30分ぐらいで肉をひっくり返す。煮汁にまんべんなく浸るようにするため。)
使用している鍋はストウブ。

IMG_7897
6.火を落とし、そのまま放置。一晩おきます。
夏は気温が高いので一晩おくときは冷蔵庫で一晩寝かすのをおすすめします。
(冷蔵庫に入る鍋を使用するとよいですね。)

IMG_7898
7.肉の脂が白く固まっているので取り除きます。

IMG_7912
8.蓋をせずに、中火から強火で煮汁を飛ばしていきます。

IMG_7915
(約15分で煮汁が飛んでいき、こんな感じになります。)

IMG_7917
9.好きな厚みにカットして出来上がり~。
ある程度冷めてからの方がカットしやすいです。

小分けにして冷凍するのもOK!!

<ポイント>
・気温の高い夏などにはお弁当の具材にしてもOKですが、冬のお弁当には向いていません。豚肉の脂身は気温が低いと白く固まります。

・やはり温めて食べるととっても美味しいです。

・ラーメンのトッピングが最高!!インスタントラーメンのトッピングすれば、極上ラーメンに大変身っす(ΦωΦ)

スポンサーリンク

●チャーシュー はこんな風に使っています。

・チャーシュー丼について
↓↓↓

チャーシュー丼弁当とシルクサルエル冷えとりコーデ。 | 冷えとりなるままに。

チャーシュー丼弁当です!!

・ラーメンにもよくトッピングしてますが、画像やブログで取り上げてなかったです。残念( ;∀;)
冷やし中華やチャーハンにも今後使っていきたいなぁ~。

●この仕込みで使用するモノ

・調理用糸

アイディール 調理用糸 20m AR-103[調理用糸]

価格:278円
(2016/8/13 19:38時点)
感想(0件)

・ストウブ
この鍋使用してます。
やぱり煮込み系調理には最高です。

Staub ストウブ ピコ ココットラウンド Rund 18cm 鍋

価格:13,499円
(2016/8/13 19:41時点)
感想(471件)

・醤油
愛用の醤油はコレ。
冷蔵保存したい季節は小さいのを。寒い時期は大きいのを購入してます。
小さいヤツ。

アサムラサキ かき醤油 600ml[ケンコーコム アサムラサキ 牡蠣醤油 かき醤油 しょうゆ]

価格:649円
(2016/8/13 19:42時点)
感想(139件)

大きいヤツ。

アサムラサキ かき醤油 1800ml[ケンコーコム アサムラサキ 牡蠣醤油 かき醤油 しょうゆ]

価格:1,475円
(2016/8/13 19:43時点)
感想(162件)

・砂糖
愛用している砂糖です。
パンでも料理でも基本的にこの砂糖です。

喜界島粗糖 1kg[粗糖(原糖)]

価格:642円
(2016/8/13 19:44時点)
感想(8件)

・酒
醤油同様、冷蔵保存したい季節は小さいのを。寒い時期は大きいのを購入してます。
小さいヤツ。

白扇酒造 花美蔵 純米料理酒 720ml[花美蔵 料理酒(調理酒)]

価格:669円
(2016/8/13 19:50時点)
感想(4件)

大きいヤツ。

白扇酒造 花美蔵 純米料理酒 1.8L[花美蔵 料理酒(調理酒)]

価格:1,609円
(2016/8/13 19:51時点)
感想(1件)

もしよかったら応援してくださ~い。
↓応援ポチ↓よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ふるさと納税活用中。
お弁当のミカタ。
Oisix(おいしっくす)
物欲への入り口。