シャルパンティエ・ドゥ・ヴェッソな日々。

冷えとりふぁっしょん

春めいた感じの淡色系。

ベストやワイドパンツという
いつも通りと言えば、いつも通りのアイテムを使っていますが、
全体的に淡色系なので多少春めいて見えます。

夫もオレンジやらピンクやらを使っているので、
写真全体的にもそんな感じに見えますね。

スポンサーリンク

シャルパンティエ・ドゥ・ヴェッソは『船大工』という意味らしいです。

私のコーデ。

Vest:Charpentier de Vaisseau/シャルパンティエ・ドゥ・ヴェッソ
Knit:UNIQLO/ユニクロ メリノウール
Pants:Charpentier de Vaisseau/シャルパンティエ・ドゥ・ヴェッソ
Shoes:AsahiShoes/アサヒ

さて、シャルパンティエ・ドゥ・ヴェッソ。
響きどおり、フレンチのブランドなのですが、
フランス語で『船大工』という意味らしく、
作業着らしさも見え隠れします。

ベストは秋色っちゃ秋色ですが、
淡い色でワイドパンツと合わせると、
朝晩は肌寒さも残る今くらいの時期には味のある感じに仕上がると思います。

夫のコーデ。

Cardigan:John Smedley/ジョンスメドレー
Shirts:ANATOMICA BandCollar/アナトミカ バンドカラー
Pants:Resoulte710/リゾルト710
Shoes:Tricker’s Stow/トリッカーズ ストウ

夫はジョンスメドレーのカーディガンの登場。
最近はメリノウールのカーディガンは
ベーシックな色合いならユニクロで十分な気もしますが、
カラバリだけはジョンスメドレーには敵わないと思います。

ちなみに夫はサンドベージュ系の色が欲しいようですが、
最近はなかなかラインナップされないみたいで待ちの日々です。
本当はピンクのバンドカラーシャツも淡い色のカーディガンと合わせたいのだとか。

まあ、この日も少し明るめでやはり春を感じる全体像となって
満足でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました