やわらかヒレカツ丼 と そぼろおかず汁。

お弁当

ヒレカツなら脂質は抑えやすい。ただし、パン粉の炭水化物には注意。

この日はヒレカツ丼です。

少なくとも、ここ1年くらいは、とんかつといえば、ヒレカツしか食べていない私。
豚ヒレは脂質が少ないので、選びやすいです。

ただし、カツにする時点でパン粉を付けるので、
炭水化物の量は増えます。

たまにならばよいですが、頻繁に食べるのならば、
カツではなく、焼くなり、蒸すなりが王道ですね。

この日も安定のヨシケイさんフル活用です。

スポンサーリンク

やわらかヒレカツ丼 と そぼろおかず汁。

ヨシケイさんオリジナルのおかずだけのカロリーは419kcal、たんぱく質23.3g
カロリーはちょい高でたんぱく質は普通。

まあ、揚げ物を頂いてこのカロリーなら文句なしです。
たまになら美味しさも考えるとよいガス抜きになります。

お弁当バージョン

この暑い時期で脂の少ないヒレならお弁当にもなんとか。
まあ、油の酸化のことを考えたり、美味しさを考えると、
出来立てを頂くのが一番ですが、なかなかそうもいかないので。

ヒレカツ丼にはキャベツの千切りがつきものですね。
汁物は別で頂いたので、サラダを新たに追加しました。

皿盛りバージョン

やわらかヒレカツ丼

ヒレカツどーん。
ソースも適量ならかけたい派です。

ヨシケイさんのプチママなら、
初めからパン粉はついていて、
凍ったまま揚げられます。
(ソースはこの日は自前)

そぼろおかず汁

そぼろおかず汁なのか、わかめ汁なのか、
よくわからないことになっていますが、
鶏ひき肉とぶなしめじ、たまねぎ、にんじんが他には入っていて、
ボリュームたっぷりです。

とはいえ、主菜がさらにボリューミーなので、
二品でもおなかいっぱいです。

ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました