初夏にピッタリのブラジリアン・ソウル。

That’s What Friends Are For/Madeline Bell

クイーカが利いている、ブラジルテイスト満載の一曲。
ピアノのハネ具合といい、
セッション・シンガーのMadeline Bellらしい、
ヴォーカルの安定感とグルーヴ感といい、
初夏のこの時期にピッタリ。
(我が家では『カルディ』と呼ばれたことも。センスありませんがw)

初めて聴いたのはかれこれ20年近く前ですが、
今年2019年になって、改めて聴き直して
お気に入りになりました。
年齢を重ねることで味覚のように、耳が変わることもあるんですね。

下記の一節が印象的な、友情を歌った歌詞です。
“Isn’t that what a friend is for,
That’s what friends are for”
「友達が何のためにあるのかではない
友だちとはそういうもの」
※歌詞全文は下記に載せています。

なお、That’s What Friends Are Forという同名曲は
Dionne Warwick & Friendsのグラミー受賞曲
(邦題:愛のハーモニー)が
Burt Bacharach夫婦作ということもあり、圧倒的に有名です。
ググってもRod Stewartの原曲か、Dionne Warwick版ばかり見つかりますが、
完全に別曲です。

原盤はかなりレアのようです。
我が家ではフリーソウルのコンピレーション・アルバム、
“Free Soul Wing”
で聴いています。

※夫のコレクションからです。文責も夫です。

スポンサーリンク

Artist

Madeline Bell/マデリーン・ベルは
1942年生まれ(2019年現在もご存命らしい)の
アメリカ出身の主にセッション・シンガー。
活動は主にヨーロッパ(特にUK)で、
ストーンズのバッキング・ヴォーカルも吹き込んだことがあるそう。

正直、この曲しか知らないのですが、
セッション・シンガーらしい、
懐の深さが特徴と思います。
ハネ感あるリズムにもややトリッキーな歌詞の載せ方も
余裕で対応する安定感を感じます。

※詳しくはWikiをご覧ください。

Lyrics

※Webでの検索を参考にしつつ、英語ができない人間の聴き取りなので
違う部分あるかもです。気づいたら随時修正します。

Running away from life is hard to do
Especially when there’s nothing else for you
Just have a little patience
‘Cause life will never make sense
Unless you have lived and you’ve learned all the bads for yourself

It’s really nice to know that you’re a friend
And that you’ll let me call you now and then
If I have many problems
I know you’re going to solve them
And stand by my side
Lend a hand, be my guy
To the end

Oh, I’d do the same for you
You know… I’d even take the blame for you
And if I thought I might do any good
Change your darkest night to day
If only I could… well, you know I would

I wish I could do a whole lot more
Haven’t I told you this before
Isn’t that what a friend is for
That’s what friends are for

So if your cup should fill right to the brim
You know I’ll stay by you through thick and thin
Don’t think twice
I’m only a minute away if you’re lonely
Remember that life ain’t so bad, when you know you’re a friend

Oh I’d do the same for you
Don’t you know, I’d even take the blame for you
If I thought I might do any good
Change your darkest night to day
If only I could you know I would

I wish I could do a whole lot more
Haven’t I told you this before
Isn’t that what a friend is for
That’s what friends are for

So if your cup should fill right to the brim
You know I’ll stay by you through thick and thin
Don’t think twice
I’m only a minute away if you’re lonely
Remember that life ain’t so bad when you know you’re a friend
and take it easy

Credit

From Album ”This Is One Girl”
Released in 1976
Produced By Alan Parker & Barry Morgan
Written By Alan Parker

Another Version

Remixだと思うのですが、詳細不明です。
生音感が強いので、このヴァージョンも心地よく聴けます。

もしよかったら応援してくださ~い。
↓応援ポチ↓よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


二人暮らしランキング
スポンサーリンク
ふるさと納税活用中。
お弁当のミカタ。
Oisix(おいしっくす)
物欲への入り口。