抗がん剤治療 その1(dose dense AC療法 1回目)

最近のヨシケイさんはこんな感じ。左はカフェ風のコースのある日のメニュー『油淋鶏 中華風コーンスープ』、右は和食コースのメニュー『まぐろハラモの照り焼き』
まぐろハラモは焼くだけ。焼くだけで簡単だしやっぱりまぐろ、(゚д゚)ウマー!!

いよいよ抗がん剤治療スタート!!

抗がん剤の副作用について詳しくはコチラ。
↓↓↓↓
病理検査の結果と抗がん剤の副作用などのこと。

さてさて・・・・
抗がん剤は2種類やっていくのですが、まずは・・・
dose dense AC療法(アドリアシン(A)、エンドキサン(C))+ジーラスタ(翌々日)からスタートです。
2週間ごとに4回投与。
『dose dense AC療法』は略して『AC療法』
8月中旬から始めて10月上旬にdose dense AC療法は終わった。
回数を重ねるごとにちょっとずつ副作用が強くなっているようで、これがまたなんともつらかった。
要は蓄積されてるのかな?!っとも思った。

AC療法 1回目
最初は経験したことがないので未知の世界。
副作用は個人差がありまくるということで出来るだけ考えないようにしたけど・・・・
なかなか難しい~。
でも、初めの抗がん剤の日は夫が付き添ってくれたので非常に心強かった!!ありがたや。

抗ガン剤投与する日の流れは
●採血(血液検査)・・・結果が出るまで1時間ぐらいかかる(なので院内にあるスタバでボケーっとするのね)
↓↓↓
●主治医の診察(血液検査の結果を見ながら診察、薬も処方してくれる)
↓↓↓
●化学療法室へ移動し、抗がん剤投与

基本的に上記の流れなんだけど、1回目は採血なし。
(少し前に抗がん剤に耐えられるかの色々な検査を受けてた時、採血もしてたので~。)

先生の診察は「体調どう?」とか「何か聞きたいことはありますか?」って聞かれて少し話をして
AC療法の副作用を抑える薬についての説明だった。

このAC療法はたくさん薬が出る。
・吐き気止めの薬(2種類)
・胃薬
・吐き気止めの作用を持つ安定剤
・便秘薬
・うがい薬
吐き気止めの薬はジェネリックがなくて・・・2週間分なのに5000円ちょっとぐらい払ったYO~!!わおー。

診察後は、化学療法室へ。
化学療法室の受付で体重・血圧・体温測って(それぞれの器具がある)記入。
つらいこと、相談したことなど書く。(そういう紙をもらうのでそれに書く)
そしてベットかリクライニングチェアに移動。(わたしはリクライニングチェアをお願いしている)

看護師さんが来て、体調など先ほど記入したことについて話す。

いよいよ抗がん剤治療スタート!!といきたいところだけど・・・
今回のAC療法は・・・
点滴前に吐き気止めの薬『イメンド 1錠』を飲む。
飲んで30分後、点滴スタート。
血管に針を刺すのは当番医。当番医ということで毎回違う先生。内科医だったり~外科医だったり~先生の名札を毎回見るのが楽しみだった。
(たぶんだけど当番医は若手の先生だと思ふ。今までの先生、若そうにみえた!!)

点滴の流れはこんな感じ~。

<使用薬品名>

<投与方法・時間>

<薬の作用>
デキサート
アロキシ
生理食塩液50ml
              <点滴 15分>
吐き気止め
ドキソルビシン

<点滴 5分>

化学療法剤
生理食塩液50ml

<点滴 5分>

血管炎の予防
エンドキサン
生理食塩液100ml
       <点滴 30分>
化学療法剤
生理食塩液50ml
     <点滴 5分>
血管炎の予防

実際、化学療法剤投与する時間自体は少なくてほとんどが副作用や血管炎の予防のためものが多い。
基本的に点滴中トイレ行ってもいいんだけど、『ドキソルビシン』のときは出来ればトイレに行かないでくださいと言われた。
点滴ルートを引っ張たりしてほしくないとのこと。薬液が血管外へ漏れると皮膚障害のおそれ有。ちょっとキツイ抗がん剤とのこと。
(ドキソルビシンは赤い薬液。AC療法のAのアドリアシンのこと。アドリアシンは薬剤会社の商品名。)

個室もあるけど2室だけであまり個室感はない。スタッフ(看護師さん、薬剤師さん)から近い場所にあるので患者の症状、使用する抗がん剤で使い分けているようだ。
ベットやリクライニングチェアはそれぞれカーテンで仕切られているので他の患者さんは気にならないけど声は丸聞こえ。
分かってはいるけどみんな、がん患者だ。←当たりまえw
そしてそしてわたしは午前中に化学療法室を利用するので、他の患者さんは、じいさんばあさんがほとんど。(働きながら抗がん剤治療している方は午後が多いのかな?っと勝手想像。そして治療しながら働いている方、マジ尊敬)

抗がん剤投与しても全身巡るまで時間かかることもあって夕方までは元気だった。
夫が付き添ってくれたので、ランチにロイホ行ったしそのあとスーパーで買い物した。
病院に行くと非常に疲れるので昼寝して夕方起きると、ズドーンって身体が重くて気分も悪くてだるかった・・・。
お風呂も入るのもしんどかったけど8月中旬で汗もかいてたから、なんとかシャワー浴びて寝た。

2日目はずっと寝てた。
一日中寝室にいるのもしんどいので気分変えるために日中はリビングへ移動してたけどほとんど横になってた。
食欲全くなくて変な満腹感で身体はだるい・・・でも吐き気はない。吐きそうかも~って感じもない。
食べることができるのはゼリーか果物。

3日目。通院する日。
この通院がなかなかキツイ。こんなにしんどいのに通院するのがかなりキツかった。
先生も体調が悪いのは知ってるのでこの日は優先的にすぐに呼んでくれる。
この日は『ジーラスタ』という皮下注射をするために通院するのだ。
ジーラスタは好中球(白血球の一種)を増やす薬で、このジーラスタを投与することでAC療法のサイクルが2週間ごと×4回を維持できるんだとのこと。先生曰く、「ジーラスタがまだ使えない頃があってその頃AC療法は3週間ごとで、3週間ごとで効果が薄れやすかった」
身体が弱っていると抗がん剤治療自体できないから身体が丈夫であることは有難いと思った。
そんなこんなでこのジーラスタは皮下注射なので地味に痛ーーーーい。血管に挿す注射って一瞬痛いだけ(うまくいった場合ね)だけど皮下注射はずーーーっと痛い。そしてこのジーラスタがなんともお高いお注射なのだ。約35000円(3割負担)
看護師さんも高額だと知っているので、最後の一滴までしっかり押しますね!!って言ってくれるのだが・・・痛いから・・・なんとも切ないのだ。
抗がん剤投与自体は(1日目に支払った金額は)約15000円ぐらい(3割負担)
薬代もあるので抗がん剤の説明での『AC療法 1回約6万円』てのはホントだった(´;ω;`)ウゥゥ

先生にも「つらいです。しんどいです。」っと訴えても耐え忍ぶしかなく・・・・。
『脱水症状』になったら入院だからね!!っと言われ入院はなんとしてでも阻止したいので頑張ってお水は飲んだ。
変な満腹感が常になるので薬を飲むのも水を飲むのも気合が入る。つらかった。水を飲むだけでゲップがでるのだ。

4,5日目になってくるとようやく食事ができるようになった。
季節が夏だったしネットで調べると冷やした食べ物のほうが口にしやすいっとあったので、『冷やし茶漬け』をこのころはよく食べた。
4日目は特に永谷園のお茶漬けにはお世話になったわぁ~。5日目は量は少ないけど普段と似たような食事ができようになった。
でもまだ外へ出かける勇気がなくて引き籠り生活だったのだー。

6日目、外に出る。まだ8月とあって太陽ギラギラがきつかったけど外へ出かけて少し嬉し。
外へ出て動いてある程度疲れて寝るってのが気持ちよかった。

7~14日目、だんだんと日を追うごとに元気になっていった。食事も普段と同じようでできるようになる。
でも口のなかのピリピリ感に悩まされる。(結局ずーーーっと悩まされる、今も)
口内炎ができて味覚がおかしい。事前に口腔ケア大事と言われていたのでしっかりやっていたけどやっぱりだめだった。
あれだけコーヒーが好きだったのにコーヒーが全く飲めなくなった。緑茶も飲めない。
そして味覚障害でやたら味の濃いモノを好むようになった。
回復してくるとすごい『食べたい!!』っていう気持ちと抗がん剤の影響で胃腸が弱っているので実際食べられる量の差が激しすぎて今でも慣れない、調節が難しい。
食べたい気持ちを優先すると胃もたれが半端ないし・・・( ;∀;)もともと大食い気味だったし食い意地が張っているので困りマッス!!

13、14日目は本当に元気になった。あんなにしんどかったのにねー。
そして頭皮が少しだけピリピリと感じこともあったけどまだ脱毛は全くなし。
今思うと毛がある頃が懐かしい~(”ω”)ノ

AC療法 1回目の話だったので長くなってしまってごめんなさい。
次はもう少し簡潔に書けると思うので、また懲りずにお付き合いください!!

もしよかったら応援してくださ~い。
↓応援ポチ↓よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ふるさと納税活用中。
お弁当のミカタ。
Oisix(おいしっくす)
物欲への入り口。

コメント

  1. aco より:

    漠然と、抗がん剤治療については知識としては知っているつもりだったけれども
    ちびっとしか知らなかったんだなぁとしみじみ実感しました。
    文章、すごく分かりやすいです。
    いやはやしかし大変ですね。。
    書いていても当時の辛さを思い出すって相当ですよね(ノД`)
    お好きだったコーヒーも飲めなかっただなんて・・・。
    よく紹介されていた楽天のコーヒー豆のお店、私も買わせていただいているので
    楽天のスーパーセールのときとか「ひらさんも買ってるかな?」なんてのんきに思ってました。。
    あと、前回の記事になっちゃいますが、治療費!
    本当に、本当に高いんですね。。。
    私ごくごく一般的な医療保険しか入っておらず、がん保険入らなきゃなぁと思っていた矢先に病んでしまったので、まだ入れておりません。しょぼん。
    もし今がん診断受けたら、満足な治療受ける前に破産かもです。
    罹患しないように祈るばかりです。。。

    寒暖差で体調崩されませんように。。
    更新、楽しみにしてますね♪

    • hirahira1130 より:

      acoさんへ
      コメントいつもありがとうございます( ˘ω˘ )
      本当に嬉しいです!!

      治療費、保険のことなんですが・・・・
      保険に入ることを積極的に推奨しているわけでもなく・・・でもやっぱり保険に助けられたり・・・などなど。
      複雑な気持ちでいます。

      県民共済はがん特約はつけていなくて(保険料それだけUPするので躊躇したのです)、
      でも病気・手術したので保険金でたのですが、
      よく考えると今まで支払ったお金と今回頂いた保険金・・・実は・・・
      今まで支払ったお金>今回頂いた保険金
      ちょっとだけ『今まで支払ったお金』の方が多かったのですが・・・(´;ω;`)ウゥゥ
      まぁ~保険金でてよかったのですが、お金管理している夫は(我が家は夫が家計を管理。かなり金の亡者)
      これなら県民共済に支払っていたお金を貯金してた方がよかったとのこと。
      これは結果論ですけどね~。あとからなんとでも言えますから・・・。

      なので夫の会社関係の保険の方に助けられた感じなんですが・・・。
      病気はがんだけではないので、違う病気だとがん特約は適用されないし・・・っと
      なんだか不安にさせることを発信してしまい申し訳ないです。

      今加入している保険を見直したり、再確認するきっかけにしていただければ・・・いいなぁっと。
      保険に一度入るとほぼ放置で、確か~あれに入ってたー?!みたいに記憶が曖昧になっていくので・・・。

      acoさんを不安にさせてしまい本当にごめんなさい。
      acoさんもお身体しんどいのに・・・。

      でもいつもacoさんのコメントが励みになり前向きになれます。
      本当にありがとうございます。

      治療が終わればコーヒーも飲めるようになるのでまた楽天で買いますよ~。
      (今は夫が飲んでいるので減りが遅いです。)でも紅茶とハーブティー飲んでます。意外と美味しくて楽しんでますよ~。
      味覚は不思議なものです。
      薬剤師さんも言っていました。味覚・痺れなど感覚的なモノは個人差があって、それぞれ感じ方が違うので
      なかなか薬で治せない(そういう副作用を抑えられない)そうです。

      また更新しますね~。

  2. あや吉 より:

    こんにちは。初めてコメントします。
    今日、記事を見つけてご病気の記事、一気に読みました。
    私も昨年7月に手術・9月から抗がん剤治療(半年間)・放射線治療を終え、
    現在は服薬治療中です。
    1年前の私と同じで大きく頷きながら読ませていただきました。
    人それぞれ、治療方法もさまざまですね。
    抗がん剤治療中はとても苦しかったですが、でも大丈夫ですよ。
    私は今はとても元気です。髪はまだまだお猿さんでズラかぶってますが(^_-)
    思わずコメントせずにいられませんでした。失礼しました。
    応援しています。お互いに治療のりこえましょうね。

    • hirahira1130 より:

      あや吉さんへ

      コメントわざわざ書いてくださり、本当にありがとうございます( ˘ω˘ )
      ちょうど一年前だったのですねー。長い治療お疲れ様でした。
      あっ(; ・`д・´)まだ服薬治療中でしたね?!失礼しました。
      とりあえずは一番苦しい治療を乗り越えられたことにお疲れ様ですと言いたいです。

      本当に十人十色で病気も人それぞれ違いますね~。
      抗がん剤中は苦しかった、でも大丈夫ですよ。っといってもらえるだけで本当に気持ちがラクになります。
      ありがとうございます( ˘ω˘ )

      わたしもあと半分ぐらいです。一応一番苦しい抗がん剤は終わったのでもう少し踏ん張りたいです。
      あや吉さんは今はとても元気ということで嬉しく思います。

      わたしもあや吉さんを応援しています。お互いに治療を乗り越えましょうね。

  3. ひらりえさん、こんにちは

    読ませていただいて、抗がん剤治療の辛さをあらためてズシンと感じました。
    たくさんたくさんしんどさを乗り越えて耐えてるんだな、と思い
    ”ひらりえさん、がんばってね。旦那さんがんばってね”と心の中で呟いています。
    がんばってる方にがんばってと言うな、とも思います。言葉が軽過ぎたらごめんなさい。
    治療で改善されること、病気が治ることを心から祈っています。応援しています。

    ひらりえさんの文章好きです。
    読む人に心配させないようなさりげない気配りも感じられます。
    早期発見のこと、保険のことも考えさせられて、しっかり把握しておこうと思いました。気づかせてくれてありがとうございます。
    ではまたお邪魔させてくださいね。

    • hirahira1130 より:

      べにゆうさんへ

      コメントありがとうございます( ˘ω˘ )

      そして応援、励ましのお言葉ありがとうございます。
      言葉が軽過ぎだとは思いませんよ~!!
      確かに『がんばって』という言葉は使いづらいですが・・・
      病気になって『がんばって』と応援されるのは嬉しいものです。
      なによりべにゆうさんのお人柄を少しは知っているつもりなので、誠実で素敵なべにゆうさんに応援されると嬉しく元気がでます( ˘ω˘ )
      ありがとうございます。

      そしてわたしの文章が好きと言ってくださってありがとうございます。
      (/ω\)イヤン
      文章力はあるとは言えない方なのでお恥ずかしいですが、少しでもきっかけになればという思いもあります。

      わたしもまたお邪魔させていただきますので宜しくお願い致します。
      ではまた~!!