診断されるまで。

抗がん剤治療が始まるまで少しだけ時間が出来たので、病気のこと書いていきます。

ちょっとその前に最近のお弁当はこんな感じ~。
野菜たちはざっくりサラダ風でラクさせてもらってマッス!!だいぶん左腕も上がるようになったけど、ちょこちょこ夫に手伝ってもらいながらお弁当完成させてマッス。本当に夫には助けてもらってばかりで感謝感謝。

スポンサーリンク

乳がんと診断されるまで。

まず乳がんかもしれない?!って思ったきっかけは自分でしこりをみつけたのです。

ちょっと余談。
本当にお恥ずかしい話ですが昨年は忙しさを理由に健康診断行きませんでした。
言い訳ですが、ここ数年は毎年行っていて昨年だけたまたまです。←私のバカヤロー。
でも行ったとしても見つかったかどうかは・・・いや、見つかったかも・・・ぶー( ˘•ω•˘ )
なんて言っても過去は変えられないので、前を見て今やれることをやっていきマッス!!
手術できる段階だったことだけでもホント感謝なんです。

●2017年5月下旬
お風呂で急に久しぶりにセルフチェックでもしてみるかぁ~っと思い乳房触ったところ、左乳房にコリコリしたしこりを発見。
(その時は生理中。生理中のせいなのか?!乳房というか乳首が無性に痒く感じ、かいてました。
それをきっかけについでにセルフチェックしてみようっと思ったのです。)
↓↓↓
3年前に健康診断で再検査になったとき受診した乳腺クリニックへ電話予約。
電話で左乳房にしこりがあるのでそれをみてほしいと伝えました。
↓↓↓
そして受診当日。
毎回思うんだけど、婦人科ではなく乳腺っていうかなりピンポイントのクリニックなのに毎回毎回混雑している。
なんとなくだけど50代以上の方が多いように感じるけど・・・
でも年齢層も幅広くて、様々な年齢層の女性が乳腺関係で悩んでいるんだとしみじみ。

おっとっと・・・(;´・ω・)話を戻して。
受診内容は、
マンモグラフィーしてエコー検査してその後先生の触診とまたエコーっていう流れ。
どちらかというと乳房は小さい方だけどマンモグラフィーはそこまで痛いとおもったことはないので苦ではなかったです。
私の左乳房のしこりはマンモの画像ではよくわからなくて・・・でもエコー画像ではハッキリしこりの様子が素人の私でもわかりました。
(この乳腺クリニックは仰向けで寝ている患者さんにも見えるように天井にエコー画像を映して見えるようにしてくれている。)
しこりの様子を見た先生は「針さしてしこりの組織ちょっと取らせてね。」っと言っていそいそと準備へ。
「先生、痛いですか??」っと問うたところ、「ちょっとね。」とのこと。
先生が席を外して準備している間に看護師さんが「ちょっと痛いですが、痛くて動いてしまうと組織が取れないので我慢してください。」とのこと。

がーーーん/(。A。|||)\

看護師さんの助言通り、めっちゃ痛い・・・。くっそ痛い。しかも針さしてる時間ながーーーい。
組織取るために針をグリグリやってるぅぅぅぅ( ノД`)シクシク…
目開けていると天井に映ってるエコーの画像が見えて(先生はエコーでしこりを確認しながら針刺してます。)
針が刺さってるのがわかってこれまたなかなかの恐怖。
針刺している時間が長いので、「先生‼‼長いわっ。」って言いそうになりました。素人としては針さしてちゃちゃっと終わるのかなぁ~っと勝手な想像していただけに・・・余計に長く感じてしまいました。
針さしてる間看護師さんがずっと左の太ももをさすってくれてこれが本当に救いだったのです。さするって行為にその後も何度か救われます。
(この検査は細い針を使用するので局部麻酔はしない。麻酔の注射もそれなりに痛いしね。)
この検査は『細胞診』というらしいっす。

検査の結果は一週間半後。
しこりの組織が水だったら良性、壊死していたら悪性・がんと説明をうけてまた一週間半後に予約しました。

●6月上旬
いやはや、この検査結果でるまでの時間が地味にツラい・・・。
(乳がんと分かってからも検査検査の嵐だったのですが、病名判明した後も検査結果待ちの時間がじわじわツラかったのです。)
出来るだけ結果がでるまでは日常生活を淡々と過ごそうと心がけておりましたが・・・・これがなかなか・・・
難しいものでした。

病院で名前を呼ばれて診察室に入ると先生が持っている書類の『悪性』の文字が一番に見えてきました。
この悪性って文字がデカかった・・・( ;∀;)
先生が開口する前に、『乳がん』と判明。
「検査結果、悪かったよ。」とのこと。

ぶー。

組織の検査結果は悪性で、診断結果は左乳がん。
その時、簡単にしこりの大きさ・転移の有無など教えてくれましたが、これに関しては大きい病院で精密検査すると違ってました。
悪性か陽性かを判明する検査だったので、この最初の診断ではっきりしたことは乳がんというだけでした。

先生が「どこの病院へ行きたい??」っと聞いてきましたが・・・
「詳しくないので、先生おすすめありますか??」
ランチのおすすめを聞くように軽い感じの会話でちょっとおもろかった。

先生は私の住所をみて、病院を決めてくれました。
家から見える病院で徒歩で行けるので、通院がラクなのはやっぱりありがたいです。
毎日駐車場待ちの渋滞を見ているので、徒歩で通えるなんて運がいいなぁ~っとしみじみ。
先生ナイスチョイス!!グッジョブだぜぇ( ˘ω˘ )

病院の紹介を受けた時に「できれば今日これから紹介した病院へ行ってほしいけど・・・」と言われました。
意外としょぼーん(´・ω・`)としたので次の日に来院することにしました。

もしよかったら応援してくださ~い。
↓応援ポチ↓よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ふるさと納税活用中。
お弁当のミカタ。
Oisix(おいしっくす)
物欲への入り口。

コメント

  1. ちび より:

    ちびです。
    乳房に針刺すのって、凄く痛いですよね。
    くっそ痛い!
    あの痛みは、私だけじゃなかったんですね。
    主治医に泣いていいよ〜って言われてました(笑)
    お互い治療、頑張ろうねo(`ω´ )o

    • hirahira1130 より:

      ちびさんへ

      ホントに乳房に針刺すって痛いですよね~(;´・ω・)
      あのグリグリって感じがホントに痛い・・・・。

      そうですね。お互い治療頑張りましょ。